60代の方が重視すべきことは何か?喪服選びのポイントとマナーを徹底解説

アフィリエイト広告を利用しています。

はじめに

60代の方が喪服を選ぶ際には、何を重視すべきか、どのようなマナーが求められるのか。

この記事では、60代におすすめの喪服の選び方を詳しく解説します。

年代に合った品格と機能性を兼ね備えた喪服を選ぶポイントを中心に、おすすめのブランドやスタイルもご紹介します。

Sponsored Link
 

60代の方が重視すべきことは何か?喪服選びのポイントとマナーを徹底解説

喪服選びのポイントとマナー

喪服のポイント

60代になると、喪服選びにも独自のポイントが出てきます。

まず、品格が求められる年代ですので、安っぽさを感じさせる素材やデザインは避けた方が良いでしょう。

また、機能性も考慮に入れる必要があります。

長時間着用することも考えられるため、通気性が良く、シワになりにくい素材がおすすめです。

喪服のマナー
  • 色: 喪服は基本的に黒が一般的です。濃紺も許容される場合がありますが、明るい色は避けましょう。
  • 素材: 光沢のある素材や派手な柄は避け、落ち着いた素材を選びましょう。
  • アクセサリー: アクセサリーは控えめに。必要な場合はシンプルなものを選びましょう。
  • 靴とバッグ: 靴は黒のフラットシューズまたはローヒール、バッグも黒でシンプルなものが望ましいです。
  • 帽子: サンバイザーやカジュアルな帽子は避け、フォーマルな黒の帽子を選びましょう。
  • 化粧: 派手な化粧は避け、控えめなナチュラルメイクが好まれます。
Sponsored Link
 

ブランド選び

60代におすすめの喪服ブランドとしては、”コムサ・デ・モード”や”ユナイテッド・アローズ”があります。

これらのブランドは、高品質な素材と上品なデザインが特徴で、多くの年代に支持されています。

スタイルの選び方

スタイルについては、シンプルなものが一般的ですが、年代に合わせて少しの装飾やデザインがあっても問題ありません。ただし、派手なものは避けましょう。

価格帯

価格帯は、一般的には2万円〜5万円程度が多いです。しかし、高品質なものになると10万円以上することもあります。

Sponsored Link
 

Q&A:よくある質問とその回答

喪服のダメな素材は?

喪服には光沢のある素材や柄物は避けるべきです。シンプルな黒の布地が一般的です。

女性の正式な喪服は?

正式な喪服は黒のワンピースまたはスーツ、黒のストッキング、黒の靴とされています。

女性の正喪服と準喪服の違いは何ですか?

正喪服は全身黒で統一された服装です。準喪服は黒以外の控えめな色も許容されます。

喪服はスーツでもいいですか?

スーツスタイルの喪服も一部の場合では許容されていますが、喪主や遺族は格上の喪服を着用する必要があります。


60代の喪服の選び方 まとめ

今回は、60代の方が重視すべきことは何か?喪服選びのポイントとマナーを徹底解説、という記事タイトルでご紹介しました。

60代の方が喪服を選ぶ際には、品格と機能性を考慮することが重要です。

また、年代に合わせたデザインや素材の選び方も大切です。

この記事で紹介したポイントやQ&Aを参考に、適切な喪服選びをしてください。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。(^^♪

Sponsored Link