バーベキューでじゃがいもの下ごしらえは?ホイル焼きや下ゆで、丸焼きなどを紹介!

アフィリエイト広告を利用しています。

バーベキューをするときのじゃがいもの下ごしらえやじゃがいものホイル焼き、BBQでじゃがいもの下ゆで、丸焼きなどについてご紹介します。

こんなお悩みはありませんか?

・バーベキューでじゃがいもの下ごしらえや下ゆで、丸焼きはどうするの?

・バーベキュー 玉ねぎホイル焼きは?

・バーベキューでイカのホイル焼きは?

・バーベキューでのエリンギの切り方は?

・バーベキューできのこのホイル焼きは?

バーベキューでじゃがいもの下ごしらえって少し面倒ですよね。

そこで、バーベキューをするときのじゃがいもの下ごしらえについて調べてみました。

この記事でわかること

・お好みの大きさに切ったじゃがいもを鍋に入れて、かぶるくらいの水を入れて強火で加熱し、沸騰したら弱中火にして15分ほど茹でることです。

・新玉ねぎの皮を剥き、一番下の芯の所は残して、4等分に包丁を入れ、アルミホイルにオリーブ油を敷き、4等分した玉ねぎを一個ずつ包み、BBQ時に加熱し、2~30分で完成です。

・イカのホイル焼きはバターや醤油を加え、アルミホイルで包み、フライパンで10~15分くらい中火で蒸し焼きにすると美味しくできます。

・エリンギの切り方は、手で割く方法と包丁で切る方法の2つあります。

・きのこのホイル焼きは、アルミホイルにきのこと調味料を入れてバーベキューグリルで焼くだけで簡単に作れます。

バーベキューをするときのじゃがいもの下ごしらえについてさらに詳しくご紹介します。

Sponsored Link
 

バーベキューでじゃがいもの下ごしらえや下ゆで、丸焼きの方法は?

バーベキューでじゃがいもを焼く方法はいくつかあります。下ごしらえや下ゆでをすることで、じゃがいもの火の通りが良くなります。

下ごしらえは、お好みの大きさに切ったじゃがいもを鍋に入れて、かぶるくらいの水を入れて強火で加熱します。

沸騰したら弱中火にして15分ほど茹でます。また、レンジでチンしておくと、バーベキューですぐに食べれます。

バーベキューでの下ごしらえについては、野菜を大きめに切ることで、網から抜け落ちないようにすることがポイントです。

バーベキューの下ごしらえとは、食材をバーベキューに適した状態にすることです。

例えば、肉は下味をつけたり、野菜は切ったり、下ごしらえをすることで、バーベキューの調理時間を短縮できます。

また、野菜は下ごしらえをすることで、火の通りが良くなります。

丸焼きの方法は、アルミホイルで包んでホイル焼きや、じゃがバターにするのも美味しくておすすめです。

Sponsored Link
 

バーベキュー 玉ねぎホイル焼きは?

バーベキューで玉ねぎをホイル焼きにする場合、新玉ねぎの皮を剥き、一番下の芯の所は残して、4等分に包丁を入れます。

アルミホイルにオリーブ油を敷き、4等分した玉ねぎを一個ずつ包みます。

BBQ時に炭を脇に置いて、途中向きを変えて満遍なく加熱されるように時々向きを変えて、2~30分で触ってみて柔らかくなっていたら完成です。

好みで塩コショウや焼き肉のたれ、またはしょうゆやポン酢で美味しく食べることができます。

Sponsored Link
 

バーベキューでイカのホイル焼きの方法は?

バーベキューでイカのホイル焼きは、アルミホイルにイカを全て入れて作ることです。

バターや醤油を加え、アルミホイルで包み、フライパンで10~15分くらい中火で蒸し焼きにすると美味しくできます。

ジップロックにいれて作るやり方があります。イカの吸盤の固いところを包丁で切り、イカワタごとを2センチくらいの輪切りにします。

その後、ジップロックにイカと全ての調味料を入れ、20分~1時間程度つけておく方法です。 

ぜひお試しください!

バーベキューでエリンギの切り方は?

バーベキューをするときのエリンギの切り方は、手で割く方法と包丁で切る方法の2つあります。

手で割く場合は、かさの下の部分を持ち、縦に手でさくという方法があります。断面に凹凸ができるため、味が染み込みやすくなります。

また、包丁で切る場合は、縦に薄切りにする方法があります。

そしてエリンギの下処理は、洗う必要はなく、根元を切り落とすだけでOKです。

ちなみに、エリンギの食べ方は炒め物やスープ、鍋物などに使われ、エリンギは薄切りにして生で食べることもできます。

エリンギを炒める場合は、薄切りにして炒めると美味しく食べることができます。

バーベキューできのこのホイル焼きの方法?

バーベキューで、きのこのホイル焼きはアルミホイルにきのこと調味料を入れてバーベキューグリルで焼くだけで簡単に作れます。

きのこのホイル焼きはエリンギやしめじ、えのきなどを使うと美味しく食べることができます。

 調味料は、塩・コショウ・オリーブオイル・バターなどを使うと美味しいです。 ぜひお試しください!

きのこのホイル焼きの時間は、きのこの種類や大きさによって異なりますが、一般的には、10分程度焼くと美味しく食べることができます。

ただし、バーベキューグリルの温度や火力によっても焼き時間が変わるため、目視で確認しながら焼くことが大事です。

バーベキュー じゃがいもの下ごしらえ まとめ

今回は、バーベキューでじゃがいもの下ごしらえは?ホイル焼きや下ゆで、丸焼きなどを紹介!という記事タイトルで紹介しました。

バーベキューで作れる料理はたくさんあります。

例えば、ホイル焼きにしたイカや、鶏肉のステーキ、ハンバーグ、野菜のグリル、焼きそば、焼きおにぎりなどがあります。

バーベキューで作れる料理はたくさんありますが、バーベキューをするときに美味しく食べようと思ったら下ごしらえをしなければなりません。

なんにしても下ごしらえは大事だという事ですよね。(^^♪

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です