インボイス制度と免税事業者からの仕入れ:仕訳のポイントを解説

アフィリエイト広告を利用しています。

今回は、以下の記事タイトルでご紹介します。

記事タイトル

・インボイス制度と免税事業者からの仕入れ:仕訳のポイントを解説

・インボイス制度と免税事業者からの仕入れ:必知のポイントと対策

Sponsored Link
 

インボイス制度と免税事業者からの仕入れ:仕訳のポイントを解説

引用元:pixabay.com

はじめに

インボイス制度が導入されると、免税事業者からの仕入れに関する仕訳が変わる可能性があります。

この記事では、その仕訳のポイントと注意点を詳しく解説します。

目次

  • 免税事業者とは?
  • インボイス制度の基本
  • 免税事業者からの仕入れの仕訳
  • 経過措置とは?
  • よくある質問

免税事業者とは?

免税事業者とは、消費税を請求しない事業者のことを指します。

通常、小規模な事業者が該当します。

インボイス制度の基本

インボイス制度は、消費税の仕組みを変える制度です。

この制度下では、消費税は請求書(インボイス)に記載される形になります。

免税事業者からの仕入れの仕訳

免税事業者から仕入れた場合、消費税は発生しません。

そのため、仕訳も消費税を考慮する必要はありません。

経過措置とは?

免税事業者からの仕入れでも、特定の条件下で消費税の控除を受けられる期間が設けられています。

この期間を「経過措置」と呼びます。

よくある質問

免税事業者から仕入れた場合の消費税は?

消費税は発生しません。

免税事業者は仕入れ控除できない?

一般的には控除できません。

インボイス制度が導入されると、免税事業者は消費税を請求できなくなる?

その通りです。

免税事業者からの仕入れでも控除を受けられる6年間の経過措置とは?

特定の条件を満たすと、6年間控除が可能です。

Sponsored Link
 

インボイス制度と免税事業者からの仕入れ:必知のポイントと対策

はじめに

インボイス制度が2023年10月から施行されることで、多くの事業者がその影響を受けることになります。

特に、インボイス制度と免税事業者からの仕入れについては、注意が必要です。

この記事では、その詳細と対策について解説します。

免税事業者からの仕入れとは?

免税事業者から商品やサービスを仕入れる場合、消費税の控除ができない可能性があります。

これは、免税事業者が適格請求書発行事業者に未登録である場合に特に注意が必要です。

経過措置とその条件

インボイス制度が開始された後も、一定期間は経過措置が設けられています。

この経過措置を利用するためには、以下の条件が必要です。

  • 書類作成者の名前または名称
  • 取引年月日
  • 取引内容と税率ごとに合計した税込価額

免税事業者との取引でのNG行為

免税事業者との取引で注意すべきNG行為がいくつかあります。

例えば、免税事業者に課税事業者への転換を強要することは禁止されています。

よくある質問

  • 免税事業者から仕入れた場合の消費税は?
    • 控除対象外となる可能性が高いです。
  • 免税事業者はインボイス登録できますか?
    • できません。
  • 免税事業者は仕入れ控除できない?
    • その通りです。
  • インボイス制度が導入されると免税事業者はどうなる?
    • 影響は大きく、特に仕入れに関して注意が必要です。

インボイス制度と免税事業者からの仕入れ まとめ

今回は、以下の記事タイトルでご紹介しました。

記事タイトル

・インボイス制度と免税事業者からの仕入れ:仕訳のポイントを解説

・インボイス制度と免税事業者からの仕入れ:必知のポイントと対策

インボイス制度と免税事業者からの仕入れには多くの注意点があります。

特に新制度が始まる2023年10月以降は、より一層の注意が必要です。

この記事で紹介したポイントと対策をしっかりと把握し、事前に備えましょう。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。(^^♪

Sponsored Link
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です