バスケ リバウンドを取るコツは?リバウンドの取り方を徹底解説!

バスケのリング

アフィリエイト広告を利用しています。

バスケの試合で、リバウンドを取るにはどうしたらいいのかよく分からない?

今回は、リバウンドを取る方法を解説しましょう!

Sponsored Link
 

バスケのディフェンスリバウンドを取るコツ!

Point リバウンドを取るコツ
  • オフェンスにリバウンドに行かせないようにする
  • ボックスアウトをする
  • リバウンドポジションに行く
  • ボールが落ちるところを予測する

オフェンスにリバウンドに行かせないようにする事

オフェンスにリバウンドに行かせないようにする事です。

そのためには先にリバウンドポジションにを確保すること!

自分のリバウンドポジションのリング側にオフェンスがいないようにする事!

ポジションのリング側にオフェンスがいたら押し出すこと!

押し出す時は腰より下で押す(ボディーチェックする)ことが大事です。

腕だけで押し出せばファールになります。

ボックスアウトをする

マークマン5人が、5人全てにボディーチェックをしてボックスアウトをしてリバウンドに参加させないこと!

ディフェンスエリアから押し出すことです。

ボックスアウトをしていればリバウンドをジャンプして取る必要はありません。

ボールがコートに落ちてからボールを取りに行っても、ボールを取ることはできるのです。

オフェンスリバウンドに5人全てが参加するとは考えられませんが5人全てがリバウンドに来てもボディーチェックをしながら押し出し、リバウンドに参加させないことが大事です。

リバウンドポジションに行く

シュートを打ったらリバウンドポジションに行く事です。

リバウンドポジションはノーチャージセミサークルの外側周辺がリバウンドポジションです。

リング下のサークルのところです。

1番 リバウンドを取りやすい場所です。

ノーチャージセミサークルの真ん中あたりがリバウンドを取りやすいポジションです。

リバウンドポジションに入って膝を曲げてリバウンドを取る準備をしておくことです。 

シュートを打ったボールの予測する

当然のことですが、シュートを打ったボールが落ちるところにいればリバウンドが取れます。

予測できればいいのですが全て予測することはとても難しいです。

見当がつくのはスリーポイントシュートなどのロングシュートはボールが大きく弾みます。

ミドルシュートなどは弾み方は大きく弾みません。

ある程度の予測を立てて準備をしておくことが大事です。

リバウンドを取るために子供達に指示をしています。

ロングシュートやミドルシュートを打ちそうになったら、リバウンドを取る準備をする!

まず位置取りをします。

フリースローライン上で準備をします。

リングに当たってからボールに反応するのです!

リバウンダーは皆がするのではなくて1人か2人がそのようにします。

そうすればリバウンドを取る確率が高くなります。

バスケのリング
Sponsored Link
 

オフェンスリバウンドを取る時、必ずしなければいけない事

Point オフェンスリバウンドを取る
  • シューターは必ずリバウンドに行く!
  • オフェンスリバウンドは3人で行く!

シューターは必ずリバウンドに行く!

シュートをした人はシュートしたボールがどこら辺に行くか?

ということを一番予測することができます。

なのでシューターは必ずリバウンドに行く必要があります。

常にシューターがリバウンドに行くことによってオフェンスリバウンドを取る確率が高いのです。

チームによって事情が変わってくると思いますが、ディフェンスリバウンドは4人でリバウンドに行って、オフェンスリバウンドは3人で行く!というように決めているチームもあります。

オフェンスリバウンドは3人で行く!

オフェンスリバウンドを3人で行くと決めている場合は、シューターとリバウンダー2人が行くようにします。

リバウンダー2人のリバウンドポジションはシュートを打つなと感じたらフリースローライン上でリバウンドの準備をしてリバウンドに参加します。

こうすることによってオフェンスリバウンドを取る確率が高くなってきます!

オフェンスリバウンドを取ることができれば、得点できる可能性がとても高いのです!

常にオフェンスリバウンドを5人で取りに行ければいいのですが、5人がオフェンスリバウンドに行ってオフェンスリバウンドが取れない時は、逆に速攻をかけられてカウントされます。

なのでオフェンスリバウンドに行くときは2人〜3人がオフェンスリバウンドに行き、残りのメンバーはセーフティにまわるのです。

まとめ

今回は、バスケリバウンドを取るコツ!リバウンド徹底解説という事を解説しました。

「リバウンドを制することができればゲームを制する!」という言葉があるように、リバウンドはとても重要です!

シュートがリングに当たったら予測できます。

予測したポジションに入ってリバウンドをとります。

リバウンドを取る時は、自分がジャンプできる最高到達点でリバウンドを取ることが大事です。

ジャンプをすれば「リバウンドを取ることができる!」と判断出来れば、ジャンプしてリバウンドを取ります。

「リバウンドを取られそうだ!」と判断すれば、リバウンドを取られそうなプレイヤーにリバウンドに行かせないようにします。

ボディーチェックやボックスアウトをしてリバウンドに参加させないようにすることです。

リバウンドする時に大事なことはリバウンドが落ちそうなところで自分のリバウンドポジションを取ることが出来れば大丈夫です。

そして自分とバスケのリングの間にプレーヤーがいないようにする事です。

ボックスアウトされないようにすることです!

関連記事

ミニバス 親子大会に備えてやっておきたい練習メニュー

バスケ初心者の練習メニューと練習方法は?練習するときの考え方と時間は?

ミニバス 試合に出るためのメンバーが不足、メンバーの集め方は?

バスケが上手くなる方法は?上手くなるには何が必要なのか?バスケが上手くなるための考え方は?

バスケ1on1の時、ドリブルで抜く方法と駆け引きで抜く方法は?

バスケ初心者のドリブル練習の方法とドリブルチェンジの種類?

バスケットボール初心者が練習するパスの種類と練習方法は?

バスケットボール初心者が上手くなるシュート練習の方法と考え方は?

自宅でできるバスケットボールの練習メニューと練習方法は?

【スラムダンク】安西先生の名言10選!セリフの使いどころは?

ミニバスの試合中のコーチの役割は?コーチのテクニカルファールと罰則

【初心者向け】ミニバスの基本ルールと試合の流れを解説!

バスケ 審判の動き方は?審判初心者が事前にしておきたいこと3点!

ミニバスのメンバーチェンジとタイムアウトのタイミングは?新ルールは?

ミニバスのコーチになる人はどんな人がなるの?資格は必要ですか?

バスケのポジション別の役割は?ミニバスのポジションは性格で決めるの?

バスケのポジション5番センターの役割は?ディフェンスの時とオフェンスの時は?

バスケットボールの速攻の方法は?速攻する時の考え方は何ですか?

バスケットボールの試合で勝つコツは?勝負はディフェンスから!

バスケが上手くなるバスケットボールの試合を観戦する方法は?

Sponsored Link
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。