JAXAの宇宙飛行士の合格者は誰ですか?募集要項や合格者の経歴を調査!

JAXAの宇宙飛行士の合格者は誰か、JAXAの宇宙飛行士の募集要項やJAXAの宇宙飛行士の合格者の経歴についてご紹介します。

こんなお悩みはありませんか?

・JAXAの宇宙飛行士の合格者は誰ですか?

・JAXAの宇宙飛行士の募集要項は?

・JAXAの宇宙飛行士の合格者の経歴は?

JAXAの宇宙飛行士の合格者は誰かって結構難しいですよね。

そこで、JAXAの宇宙飛行士の合格者は誰か、について調べてみました。

この記事でわかること

・合格者は、諏訪理さんと米田あゆさんです。

・(1) 2021年度末(2022年3月末)の時点で、3年以上の実務経験を有すること。(2) 以下の医学的特性を有すること。

・諏訪理さんは、1977年生まれ、アメリカ在住の世界銀行・上級防災専門官として勤務。米田あゆさんは、1995年に東京都生まれ、神戸女学院中学部・高等学部を卒業後、東京大学医学部に進学。

JAXAの宇宙飛行士の合格者は誰か、についてさらに詳しくご紹介します。

Sponsored Link
 

JAXAの宇宙飛行士の合格者は誰ですか?

引用元:unsplash.com

2021年度のJAXAの宇宙飛行士候補者試験には、4,127人の応募があり、その中から2名の合格者が決定しました。

合格者は、諏訪理さんと米田あゆさんです。

現在、ISSで活躍している日本人宇宙飛行士は、若田光一さんと古川聡さんです。

若田光一さんは、2014年に日本人初となるISS船長を務めたほか、実験等を担当しています。

また、古川聡さんは、165日間のISS長期滞在において、「きぼう」での実験等を担当しています。

ちなみにISSとは、国際宇宙ステーションの略称で、地上から約400km上空に建設された巨大な有人実験施設です。

主な役割は、宇宙だけの特殊な環境を利用したさまざまな実験や研究を長期間行える場所を確保することです。

ISSには、宇宙開発に関わる国々が参加しており、日本のJAXAを含め、アメリカ、ロシア、カナダ、欧州宇宙機関(ESA)が利用しています。

また、ISSには、宇宙飛行士たちが交代で滞在していますし、地上から明るく動く光点として見ることができます。

そのとき、私たちの見上げた先には巨大な有人実験施設があり、宇宙飛行士たちがそこで活動しているのです。

Sponsored Link
 

JAXAの宇宙飛行士の募集要項は?

JAXAが発表した「2021年度 宇宙飛行士候補者募集要項」によると応募条件は、次のすべての条件を満たす者となっています。

(1) 2021年度末(2022年3月末)の時点で、3年以上の実務経験を有すること。

(2) 以下の医学的特性を有すること。

・身長 149.5-190.5㎝ 

・視力 遠距離視力 

・両眼とも矯正視力1.0以上 

・色覚 正常(石原式による) 

・聴力 正常(背後2mの距離で普通の会話可能)

修士号取得者は1年、博士号取得者は3年の実務経験とみなします。ただし、次のいずれかに該当する者は応募資格がありません。

・日本国籍を有しない者

・禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでの者又はその刑の執行猶予の期間中の者その他その執行 を受けることがなくなるまでの者

・日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこ れに加入した者

・反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有している者

学歴は問わない。高卒でも中卒でもOK。となっています。

また、2021年12月20日から2022年3月4日まで応募受付期間があるようです。

引用元:JAXA募集要項

Sponsored Link
 

JAXAの宇宙飛行士の合格者の経歴は?

JAXAの宇宙飛行士の合格者は、諏訪理さんと米田あゆさんです。

諏訪理さんは、1977年生まれで、現在はアメリカ在住の世界銀行・上級防災専門官として勤務しています。

2023年3月時点で最年長の46歳で宇宙飛行士候補に選ばれました。

米田あゆさんは、1995年に東京都で生まれました。神戸女学院中学部・高等学部を卒業後、東京大学医学部に進学しました。

2019年に同大学を卒業後、東京大学附属病院に勤務され、2021年からは日本赤十字社医療センターに所属しています。

2023年現在は虎の門病院に勤務されているそうです。また、米田さんはヨット部でフランス大会に出場した経歴を持ちます。

JAXAの宇宙飛行士の合格者は誰 まとめ

今回は、JAXAの宇宙飛行士の合格者は誰ですか?募集要項や合格者の経歴を調査!という記事タイトルで紹介しました。

日本人が宇宙飛行士になるには、JAXA(宇宙航空研究開発機構)が実施する「宇宙飛行士選抜試験」を受ける必要があります。

また、JAXAは2023年現在、宇宙飛行士候補者を募集しています。

JAXAの宇宙飛行士になるためには、宇宙飛行士として必要な基本的知識修得をしなければなりません。

宇宙科学や宇宙医学の講義、ISSをはじめとする宇宙機システムに関する講義と基本操作訓練などです。

そして、英語やロシア語の語学訓練、飛行機操縦訓練、体力訓練などが必要です。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。