エルニーニョ現象とラニーニャ現象の覚え方は?違いや影響をわかりやすく解説

エルニーニョ現象とラニーニャ現象の覚え方や、エルニーニョ現象とラニーニャ現象の違いや影響をわかりやすく、についてご紹介します。

こんなお悩みはありませんか?

・エルニーニョ現象とラニーニャ現象の覚え方は?

・エルニーニョ現象とラニーニャ現象の違いや影響は?

・エルニーニョ現象とは簡単にいうと?

エルニーニョ現象とラニーニャ現象の覚え方って少し難しそうですよね。

そこで、エルニーニョ現象とラニーニャ現象の覚え方について調べてみました。

この記事でわかること

・ラニーニャは「西のL」で、Lは英語のleftの頭文字です。エルニーニョは「東のE」で、Eは英語のeastの頭文字です。このように文字と対応づけて覚える方法があります。

・エルニーニョ現象とラニーニャ現象は、太平洋の海水温が異常に高くなることで発生する現象です。

・太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて海面水温が平年より高くなり、その状態が1年程度続く現象です。

エルニーニョ現象とラニーニャ現象の覚え方についてさらに詳しくご紹介します。

Sponsored Link
 

エルニーニョ現象とラニーニャ現象の覚え方は?

エルニーニョ現象とラニーニャ現象の覚え方は、エルニーニョ現象は暖水が東に移動する現象で、ラニーニャ現象は暖水が西に移動する現象です。

ラニーニャは「西のL」で、Lは英語のleftの頭文字です。エルニーニョは「東のE」で、Eは英語のeastの頭文字です。

このように文字と対応づけて覚える方法もあります。

エルニーニョ現象は、太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけての地域になります。

その地域の海面の水温が平年より高くなり、その状態が1年程度続く現象で、逆に同じ海域で海面水温が平年より低い状態が続く現象をラニーニャ現象と呼びます。

エルニーニョ現象が発生すると、世界中で異常な天候が起こると考えられていてエルニーニョ現象は、数年に1度、春から冬にかけて発生することが多いです。

Sponsored Link
 

エルニーニョ現象とラニーニャ現象の違いや影響は?

エルニーニョ現象とラニーニャ現象の違いや影響は、エルニーニョ現象とラニーニャ現象は、太平洋の海水温が異常に高くなることで発生する現象です。

エルニーニョ現象は、太平洋東部の海水温が上昇することで発生し、ラニーニャ現象は、南米大陸西岸のペルー沖の海水温が通常に比べて下がることで発生します。

エルニーニョ現象が起こると、日本付近では夏季に太平洋高気圧が北に張り出しにくく、気温が低く、日照時間が少なくなる傾向にあります。

一方、ラニーニャ現象が起こると、日本付近では夏季に太平洋高気圧が南下しやすく、気温が高くなりやすい傾向にあります。

Sponsored Link
 

エルニーニョ現象とは簡単にいうと?

エルニーニョ現象とは簡単にいうと、太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて海面水温が平年より高くなり、その状態が1年程度続く現象です。

エルニーニョ現象が起こると、日本付近では夏季に太平洋高気圧が北に張り出しにくく、気温が低く、日照時間が少なくなる傾向にあります。

「エルニーニョ」とはスペイン語で「神の子」という意味です。

クリスマスの頃に南米ペルー沖から太平洋赤道海域の日付変更線付近にかけての海面水温が平年より高くなり、その状態が1年ほど継続する現象です。

エルニーニョ現象とラニーニャ現象の覚え方 まとめ

今回は、エルニーニョ現象とラニーニャ現象の覚え方は?違いや影響をわかりやすく解説、という記事タイトルで紹介しました。

エルニーニョ現象とラニーニャ現象の覚え方については、以下のような方法があります。

エルニーニョ現象は「神の子」を意味するスペイン語で、ペルー沖から太平洋赤道海域の日付変更線付近にかけての海面水温が平年より高くなる現象です。

一方、ラニーニャ現象は、同じ海域で海面水温が平年より低い状態が続く現象です。

「エルニーニョ現象は暖水が東に移動する現象、ラニーニャ現象は暖水が西に移動する現象」と文字と対応づける方法があります。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。