エルニーニョ現象なぜ起こる?台風との関係や影響、冷夏暖冬になる原因を調査

エルニーニョ現象なぜ起こる?台風との関係や、影響、冷夏で暖冬になる原因を調査についてご紹介します。

こんなお悩みはありませんか?

・エルニーニョ現象なぜ起こる?

・エルニーニョ現象と台風の関係や影響は?

・エルニーニョが冷夏暖冬の原因?

エルニーニョ現象がなぜ起こるのかって少し心配ですよね。

そこで、エルニーニョ現象がなぜ起こるのかについて調べてみました。

この記事でわかること

・エルニーニョ現象は、貿易風が弱まることによって発生し、東側で温められた海水は西向きの風に吹かれて西側に集まるようになり、弱まってしまうことで、エルニーニョ現象が起こります。

・エルニーニョ現象が発生すると、エルニーニョ現象の影響による強い台風の発生数の増加が予想されます。

・エルニーニョはインドネシア沖の高気圧が出ばってきて、日本付近の偏西風を押し上げ、暖かい風が日本に入ってくるため、冬季に暖かくなります。

エルニーニョ現象がなぜ起こるのかについてさらに詳しくご紹介します。

Sponsored Link
 

エルニーニョ現象なぜ起こる?

エルニーニョ現象なぜ起こるのかというと、エルニーニョ現象は、貿易風が弱まることによって発生します。

貿易風というのは、赤道上の海水が温められることで発生した上昇気流が、地球の自転の影響を受けて西側への風に変わることで、一年中西側へ向かって吹いている風です。

赤道上の海水は太陽の影響で温かく、東側で温められた海水は西向きの風に吹かれて西側に集まるようになっています。

それが弱まってしまうことで、通常時よりも東側に暖かい海水が残ったままになってしまうため、エルニーニョ現象が起こります。

エルニーニョ現象が発生すると、偏西風が日本付近で北に蛇行し、西・東日本への寒気の流れ込みが弱まります。

Sponsored Link
 

エルニーニョ現象と台風の関係は?

エルニーニョ現象と台風の関係は先行研究による知見から、エルニーニョ現象の影響による強い台風の発生数の増加が予想されます。

エルニーニョ現象が発生すると、西太平洋熱帯域の海面水温が低下し、西太平洋熱帯域で積乱雲の活動が不活発となります。

そのため、台風の活動度はエルニーニョなどの地球規模の空間スケールを持った海面水温分布などの影響を受けることが知られています。

台風の活動度とエルニーニョの関係はこれまでも観測や数値シミュレーションを用いて多くの研究が行われてきました。

ただし、季節スケールでの台風の予測には、海面水温の状況に加えて、大気の内部変動の傾向や幅なども考慮する必要があるようです。

Sponsored Link
 

エルニーニョと冷夏暖冬の原因は?

エルニーニョはインドネシア沖の高気圧が出しゃばってきて、日本付近の偏西風を押し上げ、暖かい風が日本に入ってくるため、冬季に暖かくなります。

エルニーニョ現象が発生すると、日本では夏季に冷夏、冬季に暖冬になる傾向があります。

夏季にエルニーニョ現象が発生すると、太平洋高気圧の張り出しが弱くなり、西日本から東日本にかけての降水量が少なくなる傾向があります。

また、冬季にエルニーニョ現象が発生すると、日本付近で偏西風が北に蛇行し、西・東日本への寒気の流れ込みが弱まります。

世界的には、エルニーニョ現象が発生すると、南アメリカやオーストラリアなどで干ばつや洪水などの異常気象が発生することがあります。

エルニーニョ現象なぜ起こる まとめ

今回は、エルニーニョ現象なぜ起こる?台風との関係や影響、冷夏暖冬になる原因を調査という記事タイトルで紹介しました。

エルニーニョ現象は、貿易風が弱まることによって発生します。

エルニーニョ現象は、太平洋の赤道付近で海面水温が平年より高くなる現象で、数年に1度、半年から1年半ほど続くとされています。

エルニーニョ現象が起こると、太平洋の対流活動や亜熱帯高気圧の位置や強さが変わり、日本を含め世界中で異常気象が起きやすいと考えられています。

例えば、日本では冬に暖かくなったり、夏に涼しくなったりすることがあります。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。