旧統一教会 宗教法人の許可が取り消しができるのか?メリットは?

アフィリエイト広告を利用しています。

旧統一教会のことが、連日マスコミで賑わっています。宗教法人の許可が取り消されたら、宗教法人ではなくなります。

今回は、旧統一教会の宗教法人の許可の取り消しができるのか?宗教法人になるメリットとデメリットを知りたい。についてです。

Sponsored Link
 

宗教法人の許可の取り消しができるのか?

今、Twitterでは、いろんな意見が出ています

信仰の自由という話では無くて、政治と不法行為を繰り返す団体の問題、とかがツイートされています。

戦後は憲法で信教の自由が保障され、宗教を保護する宗教法人法が制定されています。

宗教法人法に基づく解散命令を受けたのは、オウム真理教や明覚寺といった悪質な刑事事件を起こした団体に限られています。

宗教法人認証の取り消しを行うのはなかなか困難なようです。

今は反社会的な問題を繰り返し起こす団体の宗教法人認証の取り消しができるような宗教法人の改正を検討すべきではないかと話しています。

Sponsored Link
 

宗教法人になるメリット

宗教法人になるメリットは、節税できるというところが1番大きなメリットです。

・法人名義で財産を所有できる

・税金がかからない

・事業収益の所得に係る法人税が低い

・収益事業を行わない限り法人税や県民税・市町村民税をかされない

・利子配当や配当所得等について所得税がかからない

なのでお布施とか宗教活動という名目があれば一切税金はかからないのです。

税金がかからなければ、 会社を経営していても、毎日生活をしていく上においても、何をするにしても楽なものです。

一切税金がかからないのですから…

一応宗教法人を設立するメリットは「節税」ということになっています。

世界中どこでも同じだと思いますが、生活する上において、仕事をして、給料を貰って生活をします。

この中で1番目に見えにくくて腹が立ってくるのが税金です。

国や地方・市町村はいろんな形で税金を徴収しています。この税金が我々庶民によくわかるように納得できて、使われているのであれば理解できます。

わけのわからない税金の使われ方をして、でも納税はしなければならないということであれば、とても我慢ができないですよね…?

しかし近頃は、税金の使い方について随分と厳しい目で見るようになってきた人たちが増えています。

税金の使い方や政治家がもらう報酬について随分と批判的な人たちが出てきていて、一昔のような「仕方がないかな?」

という人たちが減ってきています。

今我々が望むことは1人1人の毎日の生活が安心してできることであり、それを望んでいるのです。早く幸せになりたいものですね。

Sponsored Link
 

宗教法人のデメリット

宗教法人になるデメリットとしては、毎年絶対に報告を国などに提出しなくてはならなくて、それを怠ると過料に処されるのです。

それと宗教法人の設立手続きがとても面倒で条件が厳しいのです。

宗教法人を設立することができれば、税金の控除が受けられるので、行政としてはあまり許可を出したくないのです。

それと宗教法人法上の規制を受けることになりるのと、補助金などの支給対象外になってくるのです。

ただこれだけです。これ以外は何もありません。

個人的に思うのですが、宗教法人を設立することができたら、墓地の経営や、納骨堂の管理もできるようになるのです。

私の知り合いで葬儀屋さんがいるのですが、葬儀屋さんが言うには「この最近ライバルが増えて営業が大変だ!」と言っています。

ただやり方によっては、まだまだ余裕を持って仕事をすることができると言っていました。 

何をやるかと言うと、納骨堂を経営していくと言っていました。

納骨堂を経営して行こうと思ったら納骨堂ができる場所を選んで、行政に許可申請をして許可をもらって納骨堂を経営することができると言っています。

行政に許可申請をもらおうと思ったら納骨堂を経営するには場所の選定をしなければいけません。用途地域の制限を受けるのです。

しかしこれができれば楽な経営ができると言っています。

宗教法人であれば、墓地の経営や納骨堂の経営もすることができるのです。

利益をあげてもやり方によって税金がかからないのです。

とても羨ましい限りですね。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。 

Sponsored Link