SixTONESジェシー 英語の教え方は上手?レッスン方法を検証!

英語情報誌「AERA English 2022」の表紙&巻頭インタビューに SixTONES のジェシーが登場しています。そんな SixTONES のジェシーさんですが、ジェシーさんの英語の教え方がとても上手いのではないかと評判です。

SixTONES のジェシーさんの教え方がどれぐらい上手なのかそれとも下手なのか気になったので調べてみました。この記事を読むと SixTONES のジェシーさんの英語の教え方が上手なのかヘタなのかがわかります。

Sponsored Link
 

SixTONES ジェシーさんの英語の教え方は上手?

SixTONES ジェシーさんの英語の教え方が上手なのかということについては下の YouTube 動画を見てください。

先生はもちろんジェシーさんです。

英語のレッスンを受ける人たちが残りの5人のメンバーです。

半分おふざけでやっているのですが、ジェシーさんの発音がとてもいいということがわかります。

ジェシー先生の教え方は冗談を交えながら興味を持てるような話題を入れて教えています。

生徒達も興味がある話題なので遊び半分で覚えられたらいいなという感覚でレッスンを受けています。

SixTONES のメンバーは最低限の英語の教育は受けているし英語の歌詞も随分覚えているようなので実践的な英会話の素地は十分出来ているようです。

今回のジェシーさんの会話のレッスンの内容が実践でも使えるような場面を想定しているので、5人の受講者もポイントポイントでは覚えようと一生懸命にレッスンを受けています。

実際に英会話が必要になる場合は、そのシチュエーションを想定しているので一生懸命になるということは間違いありません。

一生懸命レッスンを受ければ最低限の英語の基礎は身についているので、勉強するのに英会話を覚えるのにそんなに苦労はしないはずです。

いざという時はやらなければ仕方がないのです。

そのためにも一生懸命勉強しなければいけません。

SixTONES のジェシーさんは SixTONES のメンバーにとって大事な英語の先生ということは間違いないようです。 

Sponsored Link
 

ジェシー先生 自己紹介のレッスン方法は?

次のジェシー先生の講義は自己紹介をする時の方法です。

先ほども話したように講義を受けるみんなは最低限の英会話の知識は持っています。

ジェシー先生の英会話をする時の方法は、まず自己紹介をする内容を日本語で書かせることです。

日本語で書いた内容を自分自身の英語力で英文にするのです。

それをみんなの前で発表させる方法です。

ジェシー先生もレッスンを受ける生徒も SixTONES の仲間です。

あまり恥ずかしいということはないのですが、なんだか英語を喋るとなると照れがあるようです。

しかしそれなりに英語で自己紹介をしています。

それをジェシー先生が採点をしながら注意点を教えてあげるのですが、その注意点がとても的確なので生徒たちは納得しながら修正をしていくのです。

訂正した自己紹介の英文を発表していくのです。

ジェシー先生の教え方が上手なのでしょう。

SixTONES の残りの5人のメンバー全てが合格点です。

ジェシー先生のレッスン方法の素敵なところは、レッスンを受ける側の立場をよく理解しているから何を教えたらいいのかが分かっているからのようです。

レッスンを受ける側が何を覚えたいのか、何を勉強したいのかということを理解していなければ何も教えることはできないと思います。

なりよりも大事なことは発音も大事ですが、相手の気持ちをよく理解することが大事なようです。

Sponsored Link
 

ECCジュニアホームティーチャーだったら?

英会話・学習教室「 ECC ジュニア」のブランドアンバサダーに SixTONES のジェシーさんが起用されています。

起用されているのである程度の「よいしょ」は仕方ないと思います。

SixTONES のジェシー先生が ECC ジュニアホームティーチャーだったらどのような教え方をするのか?という質問に対しては以下のように答えています。

”「一発ギャグで英語を教えたい」というジェシー。「まずは簡単な数字やアルファベットで。例えば、one、two、three、four、five、six、seven、eight、nine、てん(ten)とう虫で~す!みたいな」というプランを発表”

引用元:news.yahoo

このようなジェシー先生が ECC ジュニアホームティーチャーであったなら申込者が殺到するはずです。

英語の発音も完璧だし相手の気持ちを思いやることもできる SixTONES のジェシーさんなのです。

なんといっても楽しみながら勉強ができるのですから、習う側からすれば最高の先生になるということは間違いないと思います。

教えてもらう子供の親からしても SixTONES のジェシーさんであれば安心できると思う親も多いと思います。

SixTONES のジェシーさんを「ECC ジュニア」ブランドアンバサダーに選んだのは大正解だと思います。

いずれにしてもSixTONES のジェシーさんにはもっと頑張って欲しいものです。

SixTONESジェシーさん頑張ってください。

SixTONESジェシーさんを応援しています。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Sponsored Link