わたせせいぞう 占いの結果は?家族や漫画家としての経歴を調査!

アフィリエイト広告を利用しています。

わたせせいぞうさんは漫画家としてもイラストレーターとしても80年代を象徴する作品を世の中に出しています。

そして趣味を仕事にできたらそれは天職だ、とわたせせいぞうさんは言っています。

今もとても人気がある作品が発表されています。

今回はわたせせいぞうさんの家族の事や作品の事が気になったので調べてみました。

この記事を読むと、わたせせいぞうさんが占ってもらった時の占いの結果やわたせさんの家族の事、漫画家としての経歴が分かります。

Sponsored Link
 

わたせせいぞうさんの占いの結果は?

わたせせいぞうさんの占いの結果は「会社を辞めたら、2年後には一家離散する」と言われたようです。

わたせせいぞうさんは大学卒業後は同和火災海上保険の総合職として勤務し、休日を利用して絵を書き始めていたようです。

絵もとても人気があったようで会社の広報誌などのイラストも描いていて会社から認められていたようです。

しかし「営業成績を下げたら絵は止めてもらうぞ」と言われていたようで、そのことについて常に恐怖を感じていたようです。

そういった時に企画課長への昇進を上司から打診されると、仕事と絵を描くことを続けながら営業成績を下げなくて済むのかなと思ったようです。

その当時のわたせさんの会社の成績は、全国の営業所でトップの営業成績を取っていたようです。

このトップの営業成績を取ることができたのは、わたせさんの絵のおかげだと考えていたようです。

絵のおかげで、若い部下がわたせさんに興味を持ったりついてきたりして一生懸命頑張ったから営業成績が良かったと思っていたようです。

しかし営業成績を下げたら絵はやめてもらうと上司から言われているので、絵をやめても営業成績を維持できるのかなと不安を感じたようです。

そこで自分の判断だけであれば不安に感じたんだと思います。

3人の占い師に相談したようです。

その結果3人の占い師全員から「会社を辞めたら、2年後には一家離散する」と言われたようです。

しかしわたせさんは絵を描くことから離れることができなかったようです。

「絵をやめなければよかった」と後悔しそうだったからです。

そういった時に家族と相談したところ両親と妻の後押しもあって、16年間勤務した同和火災海上保険を退社したようです。

わたせさんの場合は絵と仕事を比べた時に絵を描く方をとったようです。

やはり才能がある人間は自分のことをよく分かっているようです。

しかしこのような決断ができるなんて素晴らしいことだと思います。

そしてこのような決断をすることによって現在があるのです。

そして結果オーライということになりますが、普通の人間にはできることではないのかなという感じがします。

Sponsored Link
 

家族や漫画家としての経歴&家族

わたせせいぞうさんのプロフィール

本名:渡瀬 政造(わたせ せいぞう)

生年月日:1945年2月15日

年齢:78歳(2023年3月現在)

出身地:福岡県北九州市

最終学歴:早稲田大学法学部卒業

職業:漫画家、イラストレーター、教授

ジャンル:青年漫画、ラブストーリー、絵本

代表作:ハートカクテル

経歴

大学卒業後同和火災海上保険に勤務。

1974年、わたせ青三名義で投稿した「新漫画昆虫記」が第13回小学館ビッグコミック賞を受賞。

1983年、「ハートカクテル」を「モーニング」(講談社)誌上で連載開始、1986年にアニメ化とドラマ化され、1989年に連載終了。

1985年、同和火災海上保険を退社し、作家活動に専念。

1987年、「私立探偵フィリップ」で第33回文藝春秋漫画賞を受賞。

2010年〜2018年、神奈川大学外国語学部国際文化交流学科にて「日本文化論( 表象)」 特任教授。

家族について

家族は、妻と娘さんと息子さんの4人です。

子供さん二人については同居していないようで、離れて暮らしているようです。 

名前や年齢についての詳細については調べることができませんでした🙇

情報が入り次第更新していきますのでよろしくお願いします🙇

Sponsored Link
 

主な作品

わたせせいぞうさんの代表作「ワンダーカクテル」です。

コミック:「ハートカクテル」「菜」「東京エデン」「ハナドキロード(花時行)」「江戸恋もよう」「菜~ふたたび~」「北のライオン」「Dr.愛助の孤独」「Telephone」(以上『週刊モーニング』連載)、「Heart Station」(月刊『ブリオ』連載)、「The Motorcycle Letters」(『月刊ガルル』連載)、「千代の茶屋」「月ノ介狂詩曲」(『コミック乱』連載)

絵本:「ドードーとせいちゃん」(ミキハウス)、「HEART COCKTAIL eleven」(講談社)、「サンタ サンタ サンタ」(竹書房)、「アンを抱きしめて 村岡花子物語」(NHK出版)

その他近著:「ハートカクテルbitter、sweet 、ballad」(講談社)「あの頃ボクらは若かった」(毎日新聞出版)、「ハートテレフォン」(立東舎)

広告:社会福祉・医療事業人材募集、消防庁「火災予防運動」ポスター、東京シティ競馬、Netzトヨタ広告&WEBコミック、神奈川大学入学案内&ポスター、六本木男声合唱団ミュージカル「ウエストサイズストーリー」舞台&宣伝美術、阪急電車ラッピングトレインイラスト、2019年3月~ JR九州「わたせせいぞうラッピングトレイン」

雑誌・書籍:季節『ぴあ』、島田紳助「南の島」装画、綿矢りさ連載小説「私をくいとめて」(朝日新聞)挿絵&単行本装画

レコード・CDジャケット:山下達郎、松岡直也、TUBE、BEGIN、小泉今日子、ジャンクフジヤマ、濱田金吾、Super VHS 他

引用元:genkosha

わたせせいぞうさんについてネットでは

わたせせいぞうさんについてネットでは以下になります。

わたせさんの画像を見ているとなんとなく落ち着いてきます。

安らぎが感じられます。

なんとなく、なんとなくですが、ここちよい感じです。

わたせせいぞうさんのこれからも期待します。

頑張ってください。応援しています。

最後までお読みいただきましてありがとうございました

Sponsored Link
 
%d