濱家隆一 嫁へのプロポーズする時の状況やセリフがヤバすぎ!

アフィリエイト広告を利用しています。

かまいたち濱家さんのプロポーズをする時の状態が尋常ではなかったようです。

プロポーズをした後もまたプロポーズをしたようです。

ちょっと気になったのでかまいたち濱家さんの プロポーズをする時の状況を調べてみました。

この記事を読むと濱家さんがプロポーズをした時の台詞や状況がよくわかります。

Sponsored Link
 

濱家隆一さんのプロポーズのセリフは?

濱家隆一さんは彼女にプロポーズをしようと思って準備していたんですが、緊張のしすぎでプロポーズできなかったのです。

一杯飲めば、緊張しないだろうと思って飲んだのですが、余計に緊張したようです。

そのような時に彼女が次のようにしゃべっています。

”「面白いことしてくれたらもう一杯くらい飲んでええで」”

引用元:YAHOO!ニュース

となり、

”濱家は「何を勘違いしたのか、僕リビングでおしっこシャーってしたんですよ。で、終わった後に雑巾持ってきて、“嘘、嘘。ごめんごめん”って言って、パニクってそのまま指輪渡した」”

引用元:YAHOO!ニュース

と明かしたのです。

人間ですからこのような失敗をすることもあります。あまりしたくない失敗ですが緊張することもあります。

あまり緊張しすぎるとろくなことがありません。

緊張しすぎてしまうと「どうしたらいいんだろう」、

「困ったな」、「挽回しなければ」というように色んなことを考えすぎてしまって、焦ってしまうばかりです。

本当にろくなことにはなりません。

こういった場合はとりあえず諦めて、次の準備をしたほうがいいようです。

プロポーズの言葉は次回に回すということです。

こういうことは冷静になれば分かることです。

焦っているから取り返しのつかないことをしてしまうのです。

かまいたち濱家さんの場合は、とりあえずうまくいったので「よし」とすべきでしょう。

このことが原因で、彼女と二度と会えなくなってしまうと最悪ですよね。

彼女が許してくれたということは、彼女も濱家さんをパートナーにすればいいと思っているに違いありません。

とりあえず結果「オーライ」でした。

Sponsored Link
 

二回目のプロポーズのセリフと場所は?

2回目のプロポーズをした場所は、高級ホテルの「コンラッド大阪」の高級寿司店でプロポーズをしたのです。

1回目のプロポーズは、酔っぱらっちゃって「おしっこ」までしてしまって、最低のプロポーズになってしまったのです。

仕切り直しで、高級ホテルの「コンラッド大阪」高級寿司店で、改めてプロポーズをしたということです。

プロポーズの台詞は「あの時はごめんね結婚してください」というのが、プロポーズのセリフです。

”「それは最低のプロポーズになったんで、仕切り直しとして、改めてもう一度“あの時はゴメンね。結婚してください”と言ったのが、ここなんです。そこの席」”

引用元:SponichiAnnex

しかし、かっこいいですよね。しかし、ちょっと恥ずかしいですね。

かっこいいですね」ということは何かと言うと、結婚したいと思っている女性の前で素直に「あの時はごめんね」と謝ることです。

普通、素直に謝ることはできません。

あの時は酔っ払っていたので、全て覚えていません。とか、記憶にございません。ということで逃げることはできます。

どこかの政治家のように、とぼけることもできたはずです。

そこのところを、ちゃんと、「ごめんなさい!」と謝ることはとても勇気がいることです。

謝ることで、かまいたち濱家さんの男振りが、随分と上昇したのかなと思います。

Sponsored Link
 

二人の馴れ初めは?

引用元:ORICON NEWS

濱家隆一(はまいえりゅういち)さんの生年月日は1983年11月6日生まれの38歳(2022年10月現在)です。

2017年5月5日に、一般女性との結婚を発表しています。2019年2月22日に長女が誕生、2022年4月15日に男の子が誕生しています。

二人の馴れ初めは、居酒屋での出会いがきっかけだったようです。

居酒屋で彼女がアルバイトをしていたの濱家さんが、「かっこいいな」「可愛い」というような感じで声をかけたようです。

俗に言うナンパみたいな感じだったのかもしれません。

運命の出会いと感じたのかもしれません。

これは知る人ぞ知るということなのでしょう。

世の中にはいろんな出会い方があります。そして運命の人と出会っても結婚までたどり着くには時期というものがあります。

結婚するのにちょうどいいタイミングで出会うことができたら、結婚にたどり着くこともたやすくできるのです。

かまいたち濱家さんと彼女の出会いは、ちょうどいいタイミングで出会ったように感じられます。

そしてプロポーズの失敗でも結婚することができています。

赤い糸」で結ばれたようにうまく結婚まで運ばれたように見えます。

いずれにしても、かまいたち濱家さんにはもっと頑張って欲しいものです。

頑張ってください。応援しています。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

Sponsored Link
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。