高杉真宙 朝ドラをなぜ降板したの?代役は誰なのか理由や結果を調査!

高杉真宙さんは1996年7月4日生まれの26歳(2022年11月現在)です。女の子に間違えられて芸能事務所「スイートパワー」にスカウトされ、2009年に芸能界デビュー!2010年に映画「半次郎」の映画初主演を務め、2021年4月11日に前所属事務所のスイートパワーを退社するまでいろんな映画やドラマに出演しています。

そんな高杉真宙さんがなぜ朝ドラを降板したのか、その理由について調べてみました。この記事を読むと高杉真宙さんが朝ドラを降板した理由がわかります。 

Sponsored Link
 

高杉真宙さんが朝ドラを降板した理由は?

引用元:女性自身

高杉真宙さんが朝ドラを降板した理由は、自分がする仕事ではないと考えたからのようです。

2021年の NHK の朝ドラ「おかえりモネ」の出演を、アイドル的な役者と僕は違います。役者の道を極めたい!と以下のように申し入れたようです。

”「先日、彼は10年以上所属した事務所に対し、『アイドル的な役者と僕は違います。やはり共演したくないです。これからは役者の道を極めたい』と強く訴えて退所を申し入れたそうです。その背景には、彼をデビュー初期から育てた個性派マネージャー・Aさんの影響もあるようです。選ぶ仕事に極端に偏りがあり、いわゆるメジャー作品よりも、単館の映画や舞台など、アート志向の作品を好む考え方を受け継いだのかもしれません。誰もが願う朝ドラ出演まで断ってしまったのですから……」(別のテレビ局関係者)” 

引用元:女性自身

言い換えれば、今まで所属していた芸能事務所での仕事はしたくないということのようです。

芸能事務所 スウィートパワーの仕事はしないで、自分が選んだ仕事をしたいということのようです。

自分が選んだ仕事をするということは、自分の会社で仕事を選んでいくということです。

スウィートパワーから独立するということです。

こうなってくると、スイートパワーも黙ってはいられません。

スイートパワーの金づるが逃げてしまうのですから、どうにかして独立するのを邪魔しなければいけません。

独立した高杉さんの事務所に仕事が回らなくする必要があります。

この芸能界では大手芸能事務所から独立して自分で個人で芸能事務所を設立したら、仕事が来なくなるということは多くあるようです。

何と言っても古くからある芸能事務所にはそれなりの付き合いがあるからです。

付き合いを大事にしなければいいタレントを回してくれなくなるからです。

そうなってくると新しく設立した芸能事務所には仕事が来なくなります。

仕事が来なくなったら引退するのでは、と噂されます。

原因はすべてスイートパワーをやめたことから発生しています。

決まっていた出演を降板したことや、その後に事務所移籍ではなく個人事務所を設立し独立をしたからです。

しかし、高杉さんには役者としての信念や理想像があり、以前から所属事務所に不満があったようです。

こればっかりは仕方がないですよね。

Sponsored Link
 

おかえりモネでの高杉さんの代役は?

「おかえりモネ」の高杉さんの代役は坂口健太郎さんです。

坂口健太郎さんは1991年7月11日生まれの31歳(2022年11月現在)です。

所属事務所はトライストーン・エンタテイメント。

職業:俳優・モデル。

2010年19歳の時に第25回「MEN’S MON-NO モデルオーディション」に合格しモデル活動をスタートしました。

2014年に映画「シャンティ デイズ365日、幸せな呼吸」で俳優デビューしています。

テレビドラマや映画に多数出演し活躍している俳優です。

しかし、代役はどうにかなったものの降板した責任はとても大きいのです。

高杉真宙さんの立場から言えば、色んな理由があるというのも理解はできます。

しかし反対側の立場からすればとても我慢ができないことですよね。

「どうにかしてやりたい」という気持ちを持つということは仕方がないかなと思います。

Sponsored Link
 

降板の結果は?

引用元:oricon

引用元:oricon

高杉真宙さんが降板した結果、朝ドラ関係者や前所属事務所からの圧力などにより芸能界から干される可能性もあったようです。

芸能界から干されるということは引退ということもありえるのです。

引退と噂された理由として、大手芸能事務所への移籍ではなく個人事務所を設立を選んだ点も大きかったようです。

そこでなぜ高杉さんが個人事務所の株式会社 POSTERS を設立したのか理由を調べてみました。

まず事務所の名称の由来としては、すべての人の日常の素敵な出来事一つ一つをポスターにできるような会社にしたい。

と語っていて、設立理由としては高杉さんが自分で仕事を選びたかった。

という理由があったようです。

高杉さんは芸能界に入って10年以上になりますが実力派の俳優を目指しているとのことです。

2020年「グルメチキンレース・ゴチになります!23」の新メンバーに選ばれバラエティ番組初レギュラー出演しています。

個人事務所なら自分で仕事を選べる事が設立の理由かもしれません。

また高杉さんは役者の道を極めること以外にも企画や裏方の仕事にも携わりたいという願望もあるようです。

大好きなゲーム関連の業務にも参入したいという夢も明かしていました。

さらに同世代へのライバル心も決断の大きな要因なのではないかと言われています。

事務所とのトラブルで退社した芸能人は大抵しばらくテレビなどの仕事がくることが無いようです。

しかし高杉さんが解明もせずにバラエティや朝ドラで活躍できている理由として有力なのが円満退社にあるようです。

まとめてみると、大手芸能事務所から個人事務所設立、理由は自分で仕事を選びたかった、そしてスイートパワーを円満退社!ということです。

高杉真宙さんより裸一貫から活動してみたいという申し出があったようです。

その男の夢とロマンを応援していきたいと、スイートパワー!

高杉真宙さんはスイートパワーを辞めてはいますが、スイートパワーの社長とは深いつながりがあるようです。

育ててくれたんですが、裸一貫から行ってみたい。

という希望に対して温かく送り出してくださる運びとなりました。

深く感謝していますと!

と話していて、さらに恩返しの気持ちを胸に俳優として精進していく所存です。とコメントしていました。

円満退社かどうかの疑問が残りますが、高杉真宙という芸名はスイートパワーが商標登録していて、高杉さんは事務所を設立後に使えませんでした。

しかし退社後もスイートパワーが、高杉さんのマネジメントを行っているようです。

今でも前事務所社長との絆は深いようです。

業界でも高杉さんの需要が高いことやスイートパワーとの繋がりが、独立後も仕事が激減しない理由のようです。

しかし高杉真宙さんの今回の朝ドラを降板した責任ということはとても重要なことなのです。

しかし既に終わったことです。

同じ過ちを繰り返さないように頑張って欲しいと思います。高杉真宙さん頑張ってください。

高杉真宙さんを応援しています。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

Sponsored Link